依頼先を検討する

住宅

力点を絞り込む

高い費用をかけて取り組むマイホーム計画は、準備期間がとても大事です。名古屋で土地から購入する場合は土地探しから、建て替えや土地がある場合は、建築家やハウスメーカーなどの依頼先選びから計画が始まります。まず名古屋の土地を購入する際は立地条件や価格をもとに決断しますが、前提として一戸建てが建てられる土地であることを確かめておく必要があります。売り急ぐ土地には過去の所有者の権利関係に問題があったり、建築法規上の制限が多く、自由に名古屋で一戸建てが建てられないケースがあるからです。調査を行う際には地方自治体の建築指導担当課などで教えてもらえる都市計画の状況、法務局で調べられる土地登記簿、宅地建物取引業者に説明義務がある重要事項説明書などが情報源になります。そして実際に名古屋に足を運び、現状での使用状況や周辺環境などを自分の目でしっかりと確かめましょう。建築計画では、ハウスメーカーや工務店などに設計と施工を一括して依頼する方法と、建築家に依頼する方法があるので、自分に合った依頼先を探します。一般には設計・施工一括の方が、商品プランが定型化されていて決断しやすかったり、工期が短かったりと効率的です。しかし、敷地が不整形や狭小、傾斜地など特殊な条件にあったり、一戸建てに特別なこだわりを持っている人は、建築家に依頼した方が要望も反映されコスト的にも納得できる一戸建てをつくれます。施工例を参考に、理想の住まいをイメージしてみましょう。家族みんなの住まいに対する考え方を整理しておき、建築の専門家たちにどんな要望を伝えるのか、その力点を絞り込んでおくことも大事です。